子どもが重篤な事故に遭わないためのデザイン設計は勿論のこと、さまざまな顧客のニーズを引き出し、子どもたちを取り巻く時代の変化に柔軟に対応できる『競争力のあるより高品質な製品作り』をモットーに、使用する子どもたちまた先生方に役立つ製品を開発しています。

設計にあたっては、ただ単に使い勝手の良い物や、外観や機能が優れている物だけを評価するのではなく、あらゆるシチュエーションで実際に使用する子どもたちがより成長できるようにお客様の声などにも耳を傾けながら細心の注意を払い、子どもの身体寸法や身体能力のデータベースなどを元に、子どもが安全にのびのび使える『あんしん安全を追求した設計』を心がけ、それでも万が一設計の不備や想定外の不具合があった場合は迅速に調査・改善に取り組んでいます。


私たちは、未来をになう子どもたちが日常的に触れる製品を企画・製造している事から『安全で高品質な製品を提供する』を何よりの優先テーマとし、保育環境備品の製造を専門としている企業として独自のノウハウと高い技術力を積み重ねてまいりました。
だからこそ、子どもたちが使用するものなので、わずかな突起やトゲなどで小さなケガにもつながらないよう必ず素手で製品を確認し、材料選びから加工・縫製・組み立て・出荷まで、すべての工程でチェックを細かく丁寧に行って製品を作っています。
安心して末永くお使いいただける製品づくりを目指し、社員全員が『三木工業にしかつくれない製品がある』を常に胸を張って言える様、安全性・品質にこだわりを持ち続けて、私たちはこれからも邁進していきます。


家具は特別なものではなく毎日使うことに価値があります。
そして『定番』というのは、どれだけ年代を重ねても飽きが来ず安心で使いやすいと認められているということ。
だからこそ外見では大胆な変化はなくとも、求められるニーズや多様化するライフスタイルにも柔軟にお応えしながら気づくことを改善し、より使いやすく・より安全に・より快適に毎日使っていただけるように細かな工夫を日々積み重ね、使いやすさを追求した数多くの製品をご提案してきました。
これからも『定番商品』が選ばれ、末永くご使用頂けるように、また今後開発していく商品が新しく『定番』になっていけるよう、これからも努力を重ね精進していきます。